ED治療薬「シアリス」とは

2020年05月19日

ED治療薬のシアリスとは日本でも認可されているものとして知られています。
最も最近に認可された種類のものであり、バイアグラなどに比べると知名度の点で劣る部分がありますが、これまでにはない特徴を持っています。
その最大の特徴と言われているのが効果時間の長さです。

性行為の予定に合わせて使用しなければならない従来のED治療薬とは異なり、非常に長い効き目があるのがこのシアリスと言うED治療薬の特徴なのです。
一般的にED治療薬を使用する場合には生活の中で気をつけなければならない習慣や、使用するタイミングなどが重要であると言う注意事項があります。
シアリスの場合にはそのような使用状況がそれほどシビアではないと言う点が魅力になっています。

シアリスの有効成分はこれまで普及していたED治療薬とは異なるものを使用していますので、これまでのED治療薬があまり効かなかった人にも有効性が期待できると言う性質を持っています。
EDが発症した原因にかかわらず、勃起不全の症状を改善させることができる点において魅力があります。
このシアリスには海外では既にジェネリックが登場しており、より安価に利用することができるようになってきています。

シアリスジェネリックはED治療薬であるシアリスと同じ成分で作られた後発品であり、同じ成分であるからこそ同じ効果を期待することができます。
シアリスよりも安い費用で購入することができますので非常に高い人気を持っている種類の商品になります。

このような品の選び方としては、信頼のおける個人輸入の代理店を活用するのがオススメです。
ジェネリックにも様々な種類がありますので、それぞれの評判と言うものがあります。
効果の期待できるものを選ぶことができるようにするためには、口コミ情報などを参考にすることはもちろんですが、安心して利用することのできる個人輸入の代行業者を見つけると言うことが非常に重要になります。

シアリスの正しい服用法

シアリスをはじめとするタダラフィルが有効成分に含まれているED治療薬の効果を最大限に発揮させるために重要なのは、なんといっても正しい服用方法を把握することです。
シアリスの飲み方を把握すれば、この製品のジェネリックを手にしたときにも応用することができます。

シアリスは1日1回、性行為をする1時間前に10mg分を服用し、次回の服用までは少なくとも24時間あけるのが基本です。
しかし、中程度以上の腎機能障害にかかっている人が服用する場合は半分の5mgから始めることとされています。

もし、身体機能に問題があることが原因で器質性勃起不全の症状を抱えていて、開始時の投与量で十分に効果があらわれない場合。
重度の腎機能障害の人は5mgから飲む量を増やすことはできませんが、軽度もしくは中程度の腎機能障害を抱えている人は10mgまで、それ以外の人は20mgまで飲む量を増やすことができます。
ただし、中程度の腎機能障害の人がシアリスを10mg服用する場合は、次回飲むタイミングは48時間以上間隔をあけた後としなければなりません。

シアリスは現在5mg、10mg、20mgの3種類がありますが、選び方は上記の服用方法をもとにすると良いです。
例えば、ED以外に特に問題が無い人は最初に10mgを手にして、効果が出ない場合は20mgに変更するという風に錠剤を選び、腎機能障害の人は症状の程度に応じて5mgか10mgを最初に選びます。
もし、作用が強すぎると感じるのであれば適宜量を減らししましょう。

シアリスは他のED治療薬と同様で、空腹時か食後2時間以上経ったときに服用すれば最もよく効果が発揮されます。
しばしば食事の影響が無いといわれますがこれは誤りです。
その日の食事で摂取したエネルギーが800キロカロリーを上回った場合は食後にシアリスを服用することで十分な効果が得られない可能性があるので、少し時間をおいてから服用しましょう。