ED治療薬「バイアグラ」とは

2020年03月18日

バイアグラはシルデナフィルクエン酸塩を有効成分とするED治療薬で、もともとは狭心症治療のために開発されました。
しかし臨床試験で勃起力増強効果があることが認められて、のちにED治療薬のバイアグラが登場したわけです。
血管を拡張して下半身への血流量をアップさせることで、下半身を強く元気にすることができます。
ED治療薬の中で最も強い勃起力を発揮できるのが特徴で、持続時間は4~5時間となります。

バイアグラにはジェネリックも存在し、正規品とほぼ同様の効果がありますが、感覚的な問題としてジェネリックのほうが効き目が弱いと感じてしまう方もいます。
ジェネリックは価格が非常に安いので、効果も価格相応と考えてしまうためでしょう。
動脈硬化の進行が原因によるEDに対してバイアグラは効果的で、服用して1時間未満でペニスが元気になってきます。
20代のころの精力が復活したという人が多く、芯の入ったような硬さを実現できます。
バイアグラには25mg錠と50mg錠がありますが、病院では50mgを処方されることが多いです。

個人輸入の選び方としても50mgがおすすめで、25mgで十分に効くという人は半錠にして飲むとよいです。
価格は用量によってそれほど変わりないので、50mgを二分割して飲んだほうがお得でしょう。
バイアグラはかなり症状の重たいEDにも効果的で、勃起力と射精感を高めてくれます。
ペニスが元気になるほど感度が高くなり、持続時間も延びるので快感は上がっていくわけです。

初のED治療薬であるバイアグラは、力強さを求める人から人気があります。
他のED治療薬と比較して勃起力が強く、アスリートタイプと称されることがあります。
即効性や持続性よりも勃起力を重視したい人におすすめで、4~5時間ほど効果が続くのでセックス1~2回を楽しむには十分でしょう。
勃起不全を解消してセックスを成功させることはメンタルにもよい影響があり、心因性のEDが解消することもあります。

バイアグラの正しい服用法

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩には即効性があり、空腹時に服用すると約30分で効果が現れます。
服用後1時間ほどで血中濃度が最大となるので、セックスの1時間前に水かぬるま湯で服用するのが基本です。
少量のアルコールで服用することもできます。
勃起不全は精神的・身体的な原因によって起こりますが、アルコールを摂取すると気分をリラックスさせることができるので、バイアグラの効果を助けます。

バイアグラには血管を拡張する効果があります。
少量のアルコールで服用するのは有効な方法ですが、服用後は血管が開いて酩酊しやすくなるので飲酒は控えましょう。
また服用時にも過度にアルコールを摂取すると酩酊してセックスが困難になるため注意が必要です。
バイアグラは食事の影響を受けやすく、効果が半減する場合もあります。
服用前に食事を摂る場合には量と脂肪分を少なめにします。食後は消化するまで2時間ほど間隔を空けるのが基本です。
脂肪分の多い食事を摂った場合は6時間ほど待ちます。

バイアグラのジェネリックには国産と外国産があります。
いずれも有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルクエン酸塩なので効果や服用方法なども同一です。
ED治療薬は勃起不全の症状を改善することができますが、ジェネリックを利用すれば費用が大幅に下がります。
ただし脳や心臓に障害があるなど、健康上の問題がある場合は病院で医師に相談する方が安全です。

バイアグラのジェネリックの中でも特に外国産のものは価格が安く、主にインドで製造されています。
インド政府から承認を受けて製造されており、安全性が高いため日本でも人気です。
バイアグラと国産・外国産ジェネリックの選び方としては、まず自分の健康状態を考慮することが重要です。
健康上の問題がない場合には、インド製ジェネリックを選択すれば大幅に費用を抑えてED治療ができます。